忍者ブログ

インターネットショッピングの王様

インターネットショッピングのランクインアイテムばかりを投稿しているブログです。当ブログでご紹介している商品は全て大人気商品となります。売れている商品には秘密があります。口コミ・レビュー・価格・噂などを検証・比較してから購入しましょう。

【インターネットショッピングの王様】ぺんてる シャープペン スマッシュ Q1005-1

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

【インターネットショッピングの王様】ぺんてる シャープペン スマッシュ Q1005-1

インターネットショッピングの王様

インターネットショッピングのランクインアイテムばかりを投稿しているブログです。当ブログでご紹介している商品は全て大人気商品となります。売れている商品には秘密があります。口コミ・レビュー・価格・噂などを検証・比較してから購入しましょう。

ぺんてる シャープペン スマッシュ Q1005-1

新品価格
¥544から
(2014/9/4 21:22時点)

アマゾンで買ったのではなく、20年前に近所の文房具屋さんで購入しましたので、まずその点を報告いたします。
初めて使ったのは高校生の時でした。大学受験でたくさん使うので、大変重宝しました。
それ以来愛用です。
絶版を恐れて、慌てて2本買い足し、現在は3本体制です。
現在は40才手前になりました。もう20年使っています。
色々なシャープペンを使いましたが、これ以上に実質剛健なものには出会っていません。
たくさん書く人や、精密な描画が必要な人にはオススメです。
【オススメのポイント】
明瞭なペン先感覚
きわめて剛性感のあるボディとその書き味
重量バランスがすばらしい
持ち手の部分の太さが適度
持ち手の部分のツブツブ、これがイイ。説明しづらいですが、最高です。
マットな仕上げが高級感があります。使いまくっている自分の初代はもうツルツルになっちゃっていますが。
自分が使っている初代のこれ(20年前から!)はノック部分のゴムが劣化して破損しましたが、その他の箇所は全く不具合がありません。
なんという堅牢さでしょう!
当時、高校の自分にはチョット高価なシャープペンシルでしたが、長く、しかも不満なく使えるということが、どれほどお金の使い方して有効であるかを教えてくれました。
ちなみにですが、自分が出会った初代は濃ブルーでした。惚れ込んで追加で購入した2本はクロでした。
欠点らしい欠点ではありませんが、個人的に改良してほしいところがあります。
それはクリップ部分です。
手に当たって気になるのです。
これを手に当たらないように、ボディに格納できるとか、形状を変えるとかしていただけると、完璧です。
ちなみにですが、クリップ部分は取り外せますが、重量のバランスが崩れてしまい、逆に使いづらくなります。
素晴らしいシャープペンシルです。
自分の手元には3本あるので、一生これを使うつもりです。
自分はシャープペンシルで悩むことがありません。幸せです。
絶妙な重さ、グリップの握りやすさ、最高です。
2年前に一度無くしてしまい、こちらで買いなおしました。
一生使えます。たぶん。
グリップの握り心地、重心、重さ、デザインの良さ、先端の書きやすさ、
どれをとってもシャープペンの傑作と呼べるものです。
握りやすく
疲れにくい
そして
見た目もかっこいい
買って良かったです
今まではtuffとgraphgear500を使っていたのですがtuffは書きやすいがグリップがイマイチ、graphgearは書いてるうちに手が痛くなるので評価の高かったsmashを購入しました。
まずデザインですが、ぱっと見地味です笑
ですがグリップのところが艶消しの黒だったりノック部分が蛇腹になっていたりとよく見なければわからない魅力があります
そして書き心地ですがなかなかいいと思います
グリップのポツポツが独特の感覚で、これは実際に使ってみなければわからないですね
なかなかいいシャーペンだと思います。
ただ皆さんの絶賛されているレビューを見た後に買ったので肩透かし感は否めず、☆4で
グラフ1000の人気を受けて、筆記用のシャープペンシルの頂点を狙って作られた製品。
グリップやメカの保持機構などはグラフ1000の流れを引き継いでいる。
また、先金の金属パーツには、非常にコストがかかっていると思われる。
グラフ1000が好みでなかった人をフォローするような仕様になっていて、
・軽量のグラフ1000と比べて、ずっしりとした重量感がある
・グラフ1000では軽くノックできるが、スマッシュでは相当な力を込めてノックする必要がある
・直線的なデザインのグラフ1000と対照的な、丸みのあるデザイン
といった具合だ。
グラフ1000が使いやすい人には、
スマッシュは力ばかり必要でやたらと疲れる扱いづらい製品
に感じるだろうし、
スマッシュが好きな人には、
グラフ1000は軽くて手ごたえがなく、何とも頼りない製品
と感じると思う。
ただ、ノックに関しては、0.3と0.5は非常に重くて力を要するが、
0.7と0.9は、グラフ1000よりもずっとスムーズで軽快だった。
なんでそういう差をつけたのかは不明だが、長時間筆記の疲労軽減を考えたら、
芯径の太さの効果もあるが、0.7や0.9の方が遥かに勝っている。
0.5でこれだけ高評価を得ているのだから、スマッシュの愛好家の人は
ぜひもっと太い芯のモデルを見つけ出して使ってみてほしい。
きっと、すごく感激するので。
スマッシュの0.7や0.9とは感覚がだいぶ異なるが、描き心地の良さという点では
同じぺんてるのTuffの0.7や0.9も非常に良い。
0.5の筆記用としては、スマッシュ0.5は非常に頑張っている製品であるのは間違いないが、
無差別級で比較すれば、やはり0.7や0.9には分が悪い。
だからって、グラフギア1000の0.7や0.9の書き心地が、
スマッシュの0.5を上回る、なんてことはないのだが。
何にでも限界はある^^;

ぺんてる シャープペン スマッシュ Q1005-1

新品価格
¥544から
(2014/9/4 21:22時点)

インターネットショッピングの王様

インターネットショッピングのランクインアイテムばかりを投稿しているブログです。当ブログでご紹介している商品は全て大人気商品となります。売れている商品には秘密があります。口コミ・レビュー・価格・噂などを検証・比較してから購入しましょう。
PR

コメント

インターネットショッピングの王様

カテゴリー

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

リンク