忍者ブログ

インターネットショッピングの王様

インターネットショッピングのランクインアイテムばかりを投稿しているブログです。当ブログでご紹介している商品は全て大人気商品となります。売れている商品には秘密があります。口コミ・レビュー・価格・噂などを検証・比較してから購入しましょう。

【インターネットショッピングの王様】彼女とカメラと彼女の季節(1) モーニング KC [Kindle版]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

【インターネットショッピングの王様】彼女とカメラと彼女の季節(1) モーニング KC [Kindle版]

インターネットショッピングの王様

インターネットショッピングのランクインアイテムばかりを投稿しているブログです。当ブログでご紹介している商品は全て大人気商品となります。売れている商品には秘密があります。口コミ・レビュー・価格・噂などを検証・比較してから購入しましょう。

彼女とカメラと彼女の季節(1) モーニング KC

高校3年生の『あかり』は、高校生活の友人関係に息苦しさを感じていたようですが、3年生になってから同じクラスになった『ユキ』の、他の人には無い雰囲気に魅かれて行きます。
それまで接点の無かった二人ですが、ユキの趣味としているカメラを通して、二人の距離は急速に近づきます。
孤高の人というイメージのあったユキですが、あかりの前では自然な笑顔を見せるようになり、あかりはユキの新しい一面を見るたびに、彼女への想いを募らせていきます。
そこへ『凛太郎』の存在が入ってきます。
凛太郎はユキと幼馴染で、あかりに惚れているようです。
彼のモーションにあかりはイラついてばりでしたが、徐々に彼の人柄の良さも見えてきます。
しかしあかりは凛太郎とユキの間に、立ち入れない何かを感じたようです。
あかりの想いは一途ですが、ユキは捉えどころがなく、二人にどんな結末が待っているのか予想できません。
凛太郎の存在もあるので、尚更です。
絵は見やすく、あかりの豊かで浮き沈みの激しい感情表現が、見事に表現されいると思います。
これから主要キャラそれぞれの想いはドコに向かっていくのか、特に高校3年で進路の問題もあり、ユキとの別れも近づいてくるので、残された時間でどんな結末になるのかたいへん気になります。
ジャンル的には百合と言って良いでしょう。
凛太郎という男子の存在がありますが、彼は嫌みの無いキャラなので私は好感を持っています。
あかりとユキのイチャイチャシーンもありますが、二人の気持ちにまだズレがあるように感じたので、百合作品のファンの方はこの1巻ではヤキモキするかもしれません。
店頭で読むまでノーチェックの作品でしたが、読んでみて良作だと思ったので、即購入しました。
ハラハラしながら百合展開を望む方、是非一読を。
主人公「あかり」、ヒロイン「ユキ」、主人公のことが好きな「凛太郎」。
男含めての三角関係を展開する作品です。
最初に凛太郎が登場した時はう~ん百合作品に男・・・、と思いましたが、
主人公に対する爽やかな好意の表し方など、嫌味のない好青年として描かれているので、
読み進める内に違和感が無くなり、読み終えた今となっては逆に好印象です。
キャラに対する作者さんの愛情が伝わってきます。
主人公の、女の子を好きになってしまった事への戸惑いや、
揺れる感情が繊細に表現されているのに対し、
「ユキ」はなかなか気持ちの尻尾を掴ませてくれません。
好意を受け入れるようでいて、するりとその腕からいなくなったり、
でも気持ちをストレートに表す無邪気な一面があったりと、
まるでネコのような魅力を持ったキャラクターです。
作品としては百合ジャンルなのでしょうけれど、
最終的に三人の関係がどのように落ち着いても、良い作品になりそうだと感じました。
早く続きが読みたいです。
写真の漫画って少ない中、特に女の子が主役ってなかなか無いですよね。
しかも、カメラが渋い。
コラムも面白かったです。
実はカメラ物というだけでレビューも確認せずに即購入したのですが(表紙の二眼レフに惹かれて)、
女性主人公、女性写真部、作者も女性という、私の中では新鮮に感じる要素ばかりでした。
写真を撮るという行為が純粋に描かれていて、カメラに関するウンチクが無いところが非常に好印象です。
その意味では、写真部あるあるネタになっているところもありますが、それは分かる人はニヤニヤして、
分からない人はそうなんだーと流して読めるという自然な構成だと感じます。
彼らの人間関係の中に写真撮影という行為が溶け込んでいる、といった印象です。
いわゆる百合物にカテゴライズされるのでしょうか、そこを期待して手にとった訳ではありませんが、
女性が描く女性同士の心情の機微というか、男である私としては良い意味で考えさせられます。
2巻まで一息に読んでしまいました。続巻を楽しみにしています。
と思いながら読み始めたそんな自分の考えが、見事覆されました。
今の日本、百合作品は数あれど、それでもこれほど洗練された百合はない・・・と言いたいほどです。
早速二巻目を買いに行こう。
雑誌の連載をちらっと読んで面白かったので購入しました。
そのときはまさか百合モノと思いませんでしたが、がっつり百合モノですね。
でも全然嫌な感じじゃなく、というかある意味すごくベタな恋愛モノながら、どろどろしていなくてさわやかです。ユキの笑い顔がツンデレともまた違って良い感じです。惚れてまうやろーというのも分かります。男キャラの凛太郎を含め、こんなにキャラの魅力をさらっと、そして人を好きになっていく課程をスムーズに書けるのはすごいなと思います。
カメラという小道具もまた主張しすぎず、でも良い空気感を出していて良いと思います。カメラには全然詳しくないけど、話の間の白ページに誰得なカメラの蘊蓄が書かれているのも分かりやすくて勉強になります。愛情を感じます。
将来の進路のこと、恋愛のこと、人間関係のこと、色々な問題が顔をだしていますが、これからどうなっていくのか、続きが楽しみです。

彼女とカメラと彼女の季節(1) モーニング KC

インターネットショッピングの王様

インターネットショッピングのランクインアイテムばかりを投稿しているブログです。当ブログでご紹介している商品は全て大人気商品となります。売れている商品には秘密があります。口コミ・レビュー・価格・噂などを検証・比較してから購入しましょう。
PR

コメント

インターネットショッピングの王様

カテゴリー

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

リンク